タイプ別相談例
Aさん(子どもが小さい主婦)

  1. ホーム
  2. 相談室
  3. タイプ別相談例
  4. Aさん(子どもが小さい主婦)

子どもが小さい主婦Aさん子どもが小さい主婦

外に働きにいけないから自営型テレワーク(在宅ワーク)したい

  1. 子どもが小さく外に働きにいけないので、自営型テレワーク(在宅ワーク)に興味がある。
  2. どうやって仕事を見つけたらいい?資格やスキルは特にない。

子どもが小さい主婦

子どもが小さく、求職活動しても断られてばかりいます。

家で仕事をする自営型テレワーク(在宅ワーク)に興味がありますが、どうやって仕事を見つけたらいいのでしょう?

自営型テレワーク(在宅ワーク)相談室

自営型テレワーク(在宅ワーク)について、まずはご説明します。

自営型テレワーク(在宅ワーク)とは、パソコンなどの情報機器とインターネットを活用し、主に自宅で働くことを指します。企業と雇用関係を結ぶ会社員とは違い個人事業主となり、確定申告を行ったり、国民年金・国民健康保険に加入する必要があります。

よく家でする仕事として、自営型テレワーク(在宅ワーク)と内職を混同されやすいのですが、「内職」は情報通信機器を必ずしも必要とせず、委託を受けて、物品の製造や加工などに従事する働き方です。

さて、自営型テレワーク(在宅ワーク)の仕事を探す前に、ご自分が在宅でどんな仕事がやりたいのか、考えてみましょう。今までやってきた技術や、これからやりたいことを自己分析してみましょう。

関連項目

子どもが小さい主婦

「自営型テレワーク(在宅ワーク)をやりたい」ではなく、「自営型テレワーク(在宅ワーク)で何をしたいか」が重要なのですね。

すでに自営型テレワーク(在宅ワーク)をされている方は、どんな仕事をしているのでしょうか?
私は以前の職場では、仕事で少しだけパソコンを使用していた程度です。

自営型テレワーク(在宅ワーク)相談室

自営型テレワーク(在宅ワーク)の代表的な業務には、データ入力、ホームページ制作、各種翻訳、画像制作・デザイン、CAD、テープ起し、プログラミング、システム開発などがあります。

関連項目

子どもが小さい主婦

資格やスキルはないのですが、これでは自営型テレワーカー(在宅ワーカー)になれませんか?

自営型テレワーク(在宅ワーク)相談室

自営型テレワーク(在宅ワーク)を斡旋する企業によっては資格の取得をすすめるケースもありますが、自営型テレワーク(在宅ワーク)を始めるにあたって必ずしも資格は必要ではありません。

ただ、情報通信機器を扱って仕事を行ういじょう、パソコン操作、文字入力、eメールの送受信といったパソコンの一般的なスキルは持っていた方が良いでしょう。

関連項目

«タイプ別相談例TOPに戻る

Page Top