タイプ別相談例
Cさん(副業希望の会社員)

  1. ホーム
  2. 相談室
  3. タイプ別相談例
  4. Cさん(副業希望の会社員)

副業希望の会社員Cさん副業希望の会社員

自営型テレーワーク(在宅ワーク)で副業したい

  1. 会社員を続けながら、自営型テレーワーク(在宅ワーク)で収入を増やしたい。

副業希望の会社員

現在、とある企業に勤めています。不景気でボーナスも出ませんので、少しでも稼ぎたいと思い、副業を考えています。

会社員を続けながら、自営型テレーワーク(在宅ワーク)をしたいのですが…

在宅ワーク相談室

お勤めの会社では、副業は禁止されていませんか?

社則で副業を禁止している会社もありますので、まずは確認することをおすすめします。

副業希望の会社員

勤めている会社では、副業を禁止していません。

自営型テレーワーク(在宅ワーク)を行うためには、何か必要な機材はありますか?

在宅ワーク相談室

自営型テレーワーク(在宅ワーク)とは、パソコンなどの情報機器とインターネットを活用し、主に自宅で働くことを指します。

ですから、自営型テレーワーク(在宅ワーク)をはじめるにあたっては、パソコン、インターネットができる環境、プリンタ、データバックアップ用のドライブが必要なハードウエアとなります。業務によっては、デジカメ、スキャナ、FAXなどが必要になる場合もあります。

ソフトでは、eメールで連絡・受注・納品することが多いため、eメールソフトは必須となります。他、一般的なワープロソフトや表計算ソフトに加え、セキュリティ対策として、ウイルスソフトも必要です。

また、取引先からの信頼を得るためには、自分専用のパソコンやメールアドレスを用意することが望ましいです。

関連項目

副業希望の会社員

自営型テレーワーク(在宅ワーク)始めた場合、税金はどうなりますか?

確定申告をする必要がありますか?

在宅ワーク相談室

自営型テレーワーク(在宅ワーク)の所得(収入-費用=所得)の合計額が20万円未満の場合は、確定申告は不要ですが、20万円以上の場合は、確定申告を行わなくてはなりません。

詳しくは最寄りの税務署や、市役所の無料税務相談窓口へお問い合わせください。

関連項目

«タイプ別相談例TOPに戻る

Page Top