タイプ別相談例
Bさん(自営型テレワーカー(在宅ワーカー)志望者)

  1. ホーム
  2. 相談室
  3. タイプ別相談例
  4. Bさん(自営型テレワーカー(在宅ワーカー)志望者)

自営型テレワーカー(在宅ワーカー)志望者Bさん自営型テレワーカー(在宅ワーカー)志望者

これまでのスキルを生かして自営型テレーカー(在宅ワーカー)になりたい

  1. 結婚で遠方へ行くため、仕事を辞めなければならない。
  2. これまでの業務経験を生かして自営型テレーカー(在宅ワーカー)になりたい。

SOHO志望者

結婚して遠方へ行くため、仕事を辞めなければならなくなりました。

いままでの業務経験を生かして、家で仕事をする自営型テレーカー(在宅ワーカー)になりたいと思っていますが、どうやって仕事を見つけたらいいのでしょう?

在宅ワーク相談室

自営型テレーワーク(在宅ワーク)の代表的な業務には、データ入力、ホームページ制作、各種翻訳、画像制作・デザイン、CAD、テープ起し、プログラミング、システム開発などがあります。

これまでの業務経験が生きる職種を見つけてみましょう。

関連項目

SOHO志望者

仕事を見つけるには、どんな方法がありますか?

在宅ワーク相談室

自営型テレーワーク(在宅ワーク)を見つけるための手段としては、インターネットや新聞・チラシの求人広告といった「公募」、「仲介事業者への登録」、「セミナーへの参加」、知人や以前の勤め先からの「紹介」といった方法があります。

関連項目

SOHO志望者

紹介してくれそうな知人もいませんので、仲介事業者に登録しようと思いますが、信用できるかどうかはどうやって見分ければいいですか?

自営型テレーワーク(在宅ワーク)相談室

インターネットで「自営型テレーワーク(在宅ワーク)」と検索すると、たくさんの仲介事業者が自営型テレーワーカー(在宅ワーカー)を募集しています。
しかし、中には詐欺まがいの悪徳業者もいます。

例えば、やたらと「楽」「簡単」を強調していたり、仕事を斡旋する代わりに、高額な登録料や受講料、教材費を請求している業者には注意が必要です。
ただし、登録料をとるすべての団体が当てはまるわけではありません。

信頼できるかどうかは、自身で情報収集を行い、発注担当者と連絡を取り合い、納得いくまで話をし、必要でないと判断したら、はっきりと断ることが大切です。

関連項目

«タイプ別相談例TOPに戻る

Page Top