自営型テレワーク活用セミナー
〜自営型テレワークの適正な実施のためのガイドラインの説明〜

  1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 自営型テレワーク活用セミナー
  4. in東京(自営型テレワーカー)

厚生労働省在宅就業者総合支援事業自営型テレワーク活用セミナー in東京

 〜自営型テレワークの適正な実施のためのガイドラインの説明〜

自営型テレワークとは、一般的に「パソコンやインターネット等を活用し、自宅又は自宅に準じた自ら選択した場所で行う仕事」です。いわゆる内職とは異なります。
※ 自営型テレワークに詳しくない方は、「5分でわかる自営型テレワーク」を事前にご覧ください。

開催日
2020年2月7日(金)14:00(13:30開場)~16:00
主催
厚生労働省
会場
全水道会館 5階 中会議室
住所:東京都文京区本郷1-4-1
交通アクセス:
JR水道橋駅 東口(お茶の水駅より)下車2分
都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口1分
定員
自営型テレワーカー:35名
企業・団体:35名
計70名(要申込・無料)定員になり次第締切
対象
  • 自営型テレワークという働き方に興味を持っている方
  • 介護や子育てなど、ライフスタイルやライフステージに合った形態での就業を検討している方
  • 自営型テレワーカーへ発注している、もしくは発注したい企業
  • 自営型テレワークにかかる仲介事業者
プログラム(予定)
14:00~14:35
[講演] 自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン
  • 一般社団法人日本テレワーク協会 主席研究員 冨吉直美氏(プロフィール

「自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン」の中身を紹介。注文者、仲介事業者、自営型テレワーカーから見た注意点を解説します。

14:35~14:50
[講演] 自営型テレワークをはじめるにあたって
  • 株式会社キャリア・マム 代表取締役(CEO)堤香苗氏(プロフィール

自営型テレワークの特徴と留意点をはじめ、クラウドソーシング、仲介事業者の利用など、仕事の見つけ方を学びます。

15:00〜15:45
[パネルディスカッション]

実際に業務を発注している注文者と自営型テレワーカーによるパネルディスカッションです。
両者の視点から、ガイドラインのポイントや特徴について、実例に即したケーススタディ式で理解を深めます。

16:00
終了
申し込み

※FireFoxをお使いの方:セミナー申込画面に進む際に「安全ではないサイト」と表示される場合がございますが、問題ありませんので、申込画面へお進みください。

※発注企業・仲介事業者の方のお申込みはこちら

持ち物
  • 筆記用具

プロフィール

一般社団法人日本テレワーク協会 主席研究員 冨吉直美氏

富士ゼロックスでシステムエンジニア、ソリューション企画等を経て、平成28年から日本テレワーク協会へ出向。厚生労働省のテレワークセミナー、テレワーク用システムの体験型イベントの企画・運営、テレワークモデル就業規則の編集、テレワークガイドラインの論点整理のための委員会、テレワーク相談事業、障がい者テレワーク等の自治体事業を担当。
2017年度は福岡にて完全在宅勤務を、2018年からは東京と福岡の二拠点居住を実践。

株式会社キャリア・マム 代表取締役(CEO)堤香苗氏

早稲田大学第一文学部卒業。自らの出産・育児体験を通じて得た経験をもとに、仕事と家庭をどちらも大切にしたい女性たちに、自宅または自宅周辺におけるテレワークやワークシェアという形態で、キャリアをいかす新しい働き方を提案する「株式会社キャリア・マム」を設立。10万人の主婦会員ネットワークをデータベース化した在宅ワークモデルを構築。2006年 第5回女性起業家大賞 グロース部門優秀賞、2015年 テレワーク推進企業等厚生労働省大臣表彰 特別奨励賞、2016年 東京都女性活躍推進大賞 個人賞。
一般社団法人日本テレワーク協会理事、中小企業政策審議会委員(中小企業庁)、財団法人 日本SOHO協会 評議員、「カエルの星」選考委員会委員(内閣府 男女共同参画局)、多摩市男女共同参画社会推進協議会 委員(多摩市)等、男女共同参画社会にかかる委員や講演を数多く担当。

«自営型テレワーク活用セミナーTOPに戻る

Page Top