発注企業事例
株式会社ビアンカ・ウェブ

  1. ホーム
  2. 発注者向け情報
  3. 在宅ワーカーへの発注企業事例集
  4. 株式会社ビアンカ・ウェブ

在宅ワーカーの迅速な対応で、効果的な情報発信を実現

株式会社ビアンカ・ウェブ

  • 企業概要

    事業概要:脱毛関係情報サイトを中心とした、インターネットメディア運営業
  • 本社所在地:神奈川県横浜市西区北幸1丁目11番1号 水信ビル7F
  • ホームページ:http://biancaweb.net/
  • 取引在宅ワーカー数:200人(2016年)
  • 発注金額:約180万円
  • 発注件数:約200件
  • 事例19

在宅ワーカーへの発注に至った背景

代表の田上氏は、クラウドソーシングサイトを通じ、2年ほど在宅ワーカーの立場で記事作成の請負業務を行っていた。その経験を活かし、自ら情報サイト「e-脱毛エステ.com」(http://xn--e--0g4awc3c1451cnh5a.com/)を立ち上げようと決意した。サイト作成にあたっては、体験談募集やアンケート調査、サイトデザインや診断チャートの作成等の作業が必要になった。

これらの作業をサイト制作会社に直接依頼するという選択肢もあった。しかし、イメージ通りのものを予算内で作成してくれる会社または個人を探すには、要望と予算を提示して募集するのが最適だと考え、クラウドソーシングサイトを通じて発注することとした。

在宅ワーカー活用の状況

現在同社は、体験談記事執筆、Webサイトデザイン、アンケート回答を在宅ワーカーに依頼している。クラウドソーシングサイトは、在宅ワーカーの募集を手軽に行うことができるのはもちろん、納品物についてもメッセージボードを通して直接指示ができるので、使い勝手が良いと田上氏は話す。アンケート回答も、依頼登録後ほぼ24時間以内に回答が集まるので、迅速にデータ収集を行うことができるのだと言う。

在宅ワーカーの成果物

メンズ脱毛に関するアンケート調査
  • 在宅ワーカーへの発注のメリット
  • 記事作成者と直接やり取りできるので、きめ細かい指示や修正依頼が可能である
  • クラウドソーシングサイトを利用した場合、コンテンツ制作会社に依頼するときの半額に近い料金で、高品質の記事を作成してもらえるケースがある
  • 体験記事執筆者、アンケート回答者など必要な人材をその都度募集することができる
  • 在宅ワーカーへの発注のデメリット
  • クラウドソーシングサイトには誰でも容易に登録できるため、発注側には質の良いワーカーを見極めるスキルが必要になる

発注・活用に当たっての課題・留意点

少ないスタッフで業務を行う中小企業にとって、在宅ワーカーは大きな戦力だと同社は考えている。

一方で、懸念事項もある。体験談記事の募集は他社でも同様に行っているため、同じ在宅ワーカーが同じ体験談を複数の会社に提出するおそれがあるのだそうだ。こういったことを防ぐため、「ワーカーに対して、独自の質問事項で執筆を依頼し、オリジナルな内容の記事執筆を促すよう努めつつ、執筆してくれたワーカーに対しては、同様の依頼を他で受けた経験はないかよく確認し、今後、同じ体験談を他に提出しないよう指示しています」(田上氏)。

在宅ワーカーとは、クラウドソーシングサイトのメッセージボードでやり取りをしていて、納品物の品質が求めるものと乖離している場合、何度か修正依頼をすることもあると言う。「初めて応募してくる在宅ワーカーのスキルを測るのは難しいですが、初心者でも高品質の記事を熱心に仕上げてくる場合もあります。受注経験が多いか少ないかでは判断できないのです」と、田上氏は言う。発注の前に、クラウドソーシングサイトで公開されているワーカー評価を確認したり、メッセージボードでやり取りしたりして、ワーカーのスキルを見極めるようにしているそうだ。

今後の発注・活用方針

情報サイトは、発信する情報量と更新の頻度が問われるので、今後もアンケート回答や体験談などを中心に、在宅ワーカーの募集と発注を継続的に行っていく。加えて、在宅ワーカーに依頼した記事を記事ごとに校閲・編集するといった役割を担う人材も、クラウドソーシングで募集していく予定だ。「自分と同じように、在宅ワークという働き方で、子育てと仕事の両立させたい女性を応援していきたいと思っています」と、田上氏は語る。

在宅ワーカーへの発注を検討している企業へのアドバイス

クラウドソーシングを通して在宅ワーカーを募集する際は、どんな仕事内容か、どんな人材を募集するのかをできるだけ詳細に記述することで、依頼内容とのミスマッチを防ぐことができます。また、応募の段階でのやり取りで、そのワーカーの文章力やコミュニケーション能力、依頼側との相性などを見極める必要もあります。本採用の前にテスト記事を依頼するのもひとつの方法だと思います。

※ 掲載情報は、2017年2月時点のものです。
※ 掲載情報については、あくまで企業における在宅ワーカーへの発注・検討に資するためのものであり、当該発注企業と在宅ワーカーの契約内容について(事務局が)保証するものではありません。

«在宅ワーカーへの発注企業事例集TOPに戻る

Page Top