発注企業事例
株式会社プロスぺクト

  1. ホーム
  2. 発注者向け情報
  3. 在宅ワーカーへの発注企業事例集
  4. 株式会社プロスぺクト

企業概要

事業概要
インターネットのコンテンツの企画・制作・運営・管理、インターネット広告・プロモーション事業、インターネット活用のためのコンサルティング事業等。
本社所在地
東京都中央区
従業員数
代表取締役1名、パートスタッフ2名、外部委託4名
ホームページ
http://www.prospect.co.jp/

ポイント

  • 同社の代表取締役は、起業前は自身も在宅ワーカーとして活動していたので、在宅ワーカー側のこともよくわかる。
  • 「口コミの収集・ランキング化」という業務形態に、クラウドソーシング(※1)の利点が合致した。
  • 在宅ワークの求人情報サイトを通じた直接発注と、クラウドソーシングを使い分けている。
  • クラウドソーシングによって、直接的なコストだけでなく、請求書のやり取り等の事務作業を軽減できる。

※1:「クラウドソーシング」とは、インターネットを利用して不特定多数の人に業務の受発注ができるWebサービスを指す。

在宅ワーカーへの発注・活用に至った背景

同社代表取締役は、Web・動画制作会社でWeb制作ディレクションを3年間つとめた後に独立した。独立後は、広告の企画・制作やWebサイト制作を請負う在宅ワーカーとして2年ほど活動していた。その後、事業が軌道に乗り、2009年10月に株式会社プロスペクトを設立した。

起業して1年経った頃に、業務が増えてきたので、在宅ワークの求人情報を掲載しているWebサイト(以下、「在宅ワーク求人情報サイト」(※2))で、デザイン、ライティング、データ収集等の発注を始めた。そして、2012年にライターを広く募集する必要が生じ、インターネットで見つけたクラウドソーシングサイトを使って試験的に募集をしてみた。

クラウドソーシングの利用を最初に始めた時には、在宅ワーク求人情報サイトとの区別が今ひとつはっきりしなかった。しかし、「口コミの収集・ランキング化」という事業形態を着想後、在宅ワーク求人情報サイトよりクラウドソーシングの方が、口コミの対象である商品の実際の利用者を一度に多数集めるのに適していることがわかった。さらに、在宅ワーク求人情報サイトと異なり、クラウドソーシングなら在宅ワーカーと直接請求書等の郵送などの事務作業を省けるというメリットがあることもわかった。こうして、クラウドソーシングを積極的に利用することにした。

当初は特定のクラウドソーシングサイトしか知らなかったので、それのみ利用していた。その後、より多くの口コミを収集するために、自身で調べて現在は5つのクラウドソーシングサイトを活用している。

在宅ワーク求人情報サイトとクラウドソーシングの双方にメリット・デメリットがあると考えており、業務内容に応じて使いわけている。

※2:「在宅ワーク求人情報サイト」とは、Webサイトに在宅ワーカーの求人情報を掲載して、応募してきた在宅ワーカーと直接契約を結ぶことができるようにするものを指す。

在宅ワーカーへの発注・活用の状況

クラウドソーシングの活用

同社は主に、自社運営の口コミ情報サイト「口コミレポート&ランキング」(http://www.kuchikomi-s.com/)において、クラウドソーシングを活用している。

口コミレポート&ランキング
口コミレポート&ランキング

クラウドソーシングを利用して、自社の口コミサイトに掲載されている企業のサービス利用者や商品の購入者を募り、口コミ(レポート形式)の執筆等の業務を多数発注している。募集対象は、実際の利用者や購入者に限定している。

業務の発注は応募してきたメンバーと仕様や見積もりなどの条件を交渉した上で人材を選んで契約する「プロジェクト形式」で行っており、毎月50件程度の発注実績がある。同社の口コミサイトにおける口コミの累計は約1,000件(2015年5月時点)もあるが、ほぼ全てがクラウドソーシングを通じて収集している。

同社では、クラウドソーシングの利用前から在宅ワーク求人情報サイトで同様の業務を発注していたので、同業務の報酬の目安はついていた。報酬額は、口コミレポートの分量、カテゴリー等に基づき独自の基準を設定して決めている。応募してきた中から採用した在宅ワーカーには、受注の意思を確認してから、仕事を発注している。

これまで、在宅ワーカーの選考や業務の発注において、大きなトラブルは生じていない。ただ、トラブルの発生を防止するためには、仕事のやりとりにおいて在宅ワーカーへ誠意を見せて対応することが大切だと考えている。また、トラブル発生の懸念を感じる場合は、クラウドソーシングサイトの運営会社に相談したりもしている。

在宅ワーカー(直接発注)の活用

同社には、在宅ワーク求人情報サイトを通じて業務を依頼したのをきっかけに、長期的に継続して業務委託を行っている在宅ワーカーが4名(うち1名は専属である)おり、主に口コミサイトの制作・コーディング、口コミの掲載、納品のチェックを担当している。また、そのうち2名は、主に口コミの収集を行っている。在宅ワーカー4名全員、子供を持つ女性である。

同社では、長時間労働が難しい在宅ワーカーであっても無理なく仕事を続けられるように、業務の割り振りを行っている。在宅ワーカーのモチベーションは高く、納品には高い質が期待できている。

継続して業務委託を行うことで、在宅ワーカーとの間に信頼関係を築いている。そのため、Web制作等の納品に高い質が求められる業務については、(急ぎでない場合であれば)直接発注で対応している。

在宅ワーカーへの発注・活用のメリット

  • クラウドソーシングの活用によって、多くの実際のサービス利用者から、円滑に大量の口コミを得られるようになった。口コミの収集に関して、基本的にクラウドソーシングサイトを利用している。
  • コスト面でもメリットを感じている。クラウドソーシングの活用により、一定の単価で大量の口コミを集めやすくなっているし、直接発注の場合と違って請求書のやり取りや源泉徴収等の事務作業を省くこともできる。「口コミレポート&ランキング」に関しては、クラウドソーシングなしには成り立たないと思っている。
  • もし在宅ワーカーとの間にトラブルが発生したとしても、クラウドソーシングサイトの運営企業に相談にのってもらえる。

発注・活用に当たっての課題・留意点

  • 発注企業と直接会うわけではないので、中には、少し責任感が不足していると思われる在宅ワーカーも中にはいる。そのため、在宅ワーカーの採用時に、発注企業側がしっかりと見極める必要がある。同社は、在宅ワーカーの仕事の態度や進捗に不安を感じた場合は、同じ業務を他の在宅ワーカーにも依頼できるように段取りするなど、リスク管理にも気を配っている。
  • 各々のクラウドソーシングサイトでは、登録している在宅ワーカーの層が異なったり、システムの管理画面の使い勝手やサポート体制等に差があったりするため、発注企業は目的に応じてサイトを選択する必要がある。導入当初は「とにかく広く募集を」と様々なクラウドソーシングサイトに登録していたが、現在では利用するサイトを精査している。

今後の発注・活用方針

  • 「口コミレポート&ランキング」では、クラウドソーシングサイトを今後も積極的に利用するつもりである。また、Webページのデザインやコーディングの業務でも、今後は活用していきたいと考えている。クラウドソーシングを利用すれば幅広く迅速に集めることができるので、単発の業務で応募者数を重視するものや、コンペ形式でデザインを集めるもの等も利用できると思う。
  • 多数あるクラウドソーシングサイトの特徴を理解し、自社にとって適したものを選ぶことが大切だと考えている。例えば、人材会社のパソナテックが運営するクラウドソーシングサイト「Job-Hub(ジョブハブ)」はサポート体制も充実しているので、今後積極的に利用していきたい。

在宅ワーカーへの発注・活用を検討している企業へのアドバイス

  • 発注する業務内容にもよるが、最初は、手間を惜しまず報酬を支払ってでも、試験的な作業を発注してみて、在宅ワーカーのやる気や力量を確認した方が良い。そのためには、できるだけ少ない労力で在宅ワーカーの質を見極められるような課題を準備することが必要である。なお、クラウドソーシングはクレジットカード決済が可能なため、段階的な支払いに適しているので、試験的に発注する少額報酬の支払いにもスムーズに対応できる。
  • 在宅ワーカーには様々な人がおり、こちらの意図が上手く伝わらないこともある。そのため、作業内容を伝える際には曖昧な部分を残さず明確にしたほうが良い。そのためにも、在宅ワーカーへの業務指示では、明確で、理解しやすく、漏れのないマニュアルを制作して、業務を発注することが重要である。
  • 在宅ワーカーとやり取りをする上で「多くの質問が寄せられる点」「文章の取り違え・ミスが多発する点」に注意し、発注用のフォーマットや指示用のメールテンプレート等を作成し、随時改善していくなど、作業の効率化を図ると良い。
  • クラウドソーシングサイトの選択では、各サイトの在宅ワーカーの特性や得意分野、システムの管理画面の使いやすさ、サポート体制といった3点から判断すれば良いと思う。

※ 掲載情報は、2015年5月時点のものです。
※ 掲載情報については、あくまで企業における在宅ワーカーへの発注・検討に資するためのものであり、当該発注企業と在宅ワーカーの契約内容について(事務局が)保証するものではありません。



«在宅ワーカーへの発注企業事例集TOPに戻る

Page Top